洗濯絵表示が変わる?!


新しい洗濯絵表示一覧

2016年12月よりJIS洗濯絵表示が変わります!!

 

 

正確には2016年12月以降に販売を予定された商品にはこんな洗濯絵表記が付くことになります。

 

日本語表記が付いていた今までのものと比べると、なんとなくわかる記号もあるけど、全く分からない記号もありますね。

 

-記号・・・処理の弱さを示します。-は弱く、=は更に弱く。

〇に囲まれた記号・・・商業クリーニング処理記号となりP、F、Wはクリーニング処理の方法を意味します。

 

□に囲まれた記号・・・乾燥処理記号となります。ちなみに斜め線は日陰干しを示します。例えば□に縦2本斜め線1本のマークだと『日陰でのぬれつり干し乾燥がよい』

 

現行のJIS絵表記と比べ表記記号が増えちゃいます

利点はより細かい情報が提供されることと

国際標準規格のISO表記と同じ絵表示になるので、

慣れちゃえば、海外に行っての衣料品の買い物も、

 

これお家で洗えるのか?

 

という不安が解消されちゃいます。(日本独自の表記でなくなるのも少々寂しい気はするのですが、、、)

 

とはいえ最初はみなさん戸惑うと思うので、消費者庁のサイトを一度チェックしておくことをおすすめします。

 

あと、学生服・体操服を洗濯する場合気を付けて下さいね。より細かい処理方法を表記するようになりますよ!

 

 

※消費者庁の家庭用品品質表示法をまとめたサイトです。

よければ参照下さい。

 

http://www.caa.go.jp/hinpyo/